読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

monomyでオリジナルアクセサリーを作ってみた記録

初めに、この記事はmonomyというサービスを利用してオリジナルアクセサリーを実際に作成した記録です。
なぜこのような宣言をして書くのかというと、私自身が利用する前に同様の記事や感想を探してみたものの、
ほとんど見つからなかったためです。
要は体験談が皆無だったのです。それならば、レッツ人身御供。
もしもこの手のサービスの利用を考えている方がいらした時に参考になれば幸いです。

ではご興味のある方は「続きを読む」からどうぞ。

 

 

世はハンドメイド戦国時代!!
というのは言い過ぎにしても、minneやcreema、iichiなどのハンドメイドマーケットの台頭により、
売買が気軽に、そして便利になったのだと思います。
私自身は昔から天然石やそれを用いたアクセサリーが好きで、学生の頃からなけなしの小遣いを貯めて、
時には後悔するほどの散財もしながら集めていました。
(元々キラキラと光るモノは好きだったが、この方向性を決定づけたのは聖剣LoMの珠魅編)
(最近だと宝石の国なんていいですね、とてもいい)
(その昔、トレジャーストーンという分冊百科があったが全巻制覇なんてできっこなかった)
天然石でなくても、きらきら光るアクセサリーは素敵です。
所詮自分にとっては豚に真珠とは知りつつも、綺麗なモノは見ているだけで目の保養で心の癒し。
更に身に着ける勇気を出せば気分高揚、そしていい仕事ができることもある。
それで、一昨年あたりからちょくちょくとcreemaやminneでアクセサリーを購入しています。
しかしながら、自分のイメージにぴったりバッチリしっくりと会うものとの出会いなんてそうそうあるモノではなく、
あるいは、既に売り切れていたり、または思いの外高価で手が出なかったりということもあります。
私自身のケースでは、この色とこの色の組み合わせのネックレスが欲しいなあと探してみて、結局見つからなかったり、
こだわればこだわるほどキリなく果てなく、理想は現実のどこにもない。
つまるところ、自分の好みは自分が一番把握しているので、自分で作ってみるのが一番いいという結論を得る訳です。
だが、不器用なので自作なんて無理、というところに行き着くのも現実ではあります。

※あと、主題からは外れますが、企業が仲介するハンドメイドマーケットでも、最後は個人取引になるので、トラブルに巻き込まれることもあります。
Amazon楽天等でネットショッピングしても変なことは起こり得るが、ハンドメイドマーケットは遭遇率が高い。
私はこれまで7回ほど取引をしていますが、うち2回は嫌な思いをしました(うち1回は金銭トラブル。少額だったのがまだ救い)。
もちろん統計学的にどうこう言える回数ではないですが、結構いい打率ではないだろうか。ただ運がなかったという説もある。
ですが、こんなこともあるので、個人対個人の売買なんて絶対御免! だけどオリジナリティ溢れるアクセが欲しい!という方にもうってつけかもしれない。

そんなこんなで検索に検索を重ね、たどり着いたのが「monomy」というアプリ・サービス。
今のところiOSのみで利用可能。android版の開発状況は分かりませんが、早くリリースされてほしいところ。
(持ち歩きのタブレットandroid、家にはiPadがあるため、今回はiPadにアプリをダウンロードしました。
 個人の環境からすれば、出先の暇な時間にandroidでちゃちゃっと作れればのめり込みそうなんですが)

ここまで全く「これはいかなるアプリでサービスなのか」ということを述べておりませんでしたが、
アプリ上でデザインしたアクセサリーを実際に作成して送ってもらえる』サービスです。
デザインってカッコいい言い方をしたが、要はとてもとても自由度の高いオーダーメイド
ただし、それでも難点があり、それは『パーツがゆらゆらと揺れる』ようなアクセのみ作れます。
例えば大ぶりのビジューをたくさん集めたピアスや、数珠みたいなブレスレットなんてものは作れません。
輪っか状パーツでの連結が基本のようです。逆に動きのあるアクセサリーを作成したい人には向きます。
(それでもパーツの種類に限りがあるので、頭に思い描いた通りのモノはまず無理)
(使用可能なパーツは3000種類以上とのことだけど、実用的なパーツは相当限られている印象)
このサービスには飽きさせない工夫とか、実際に注文しなくても、デザインしているだけでいいことがある(かもしれない)仕組みとかがあるんですが、
今回はアプリ上で作ったものが実際のアクセサリーとして手元に届くまでが主体なので、触れません。
興味があったらググってみてくださいな。

まず、最初にメールアドレスの登録が必須です。めんどくさいです。
作成できるアクセサリーはネックレス、ブレスレット、ピアス/イヤリング、イヤーカフ、ブレスレットの6種類。
金属アレルギー対応のものも作成できるそうです。
今回はブレスレットを作成しました。

どのアクセサリーを作成するかを選択後、ベースのパーツを選びます。
ブレスレットだとお安めのベースパーツはヘアゴム状のもの、リボンに似たものなど。
金属製、それもゴールドフィルドなんてのは結構高価。ベースだけでもいいお値段になります。
今回はベージュ色のリボンを選択。

f:id:gomunaga:20170126233526j:plain

 

ベースパーツを選択後、追加パーツを好きなだけ選んでくっつけます。
この画面は物理演算エンジンで動いているようで、パーツをつけるとゆらゆら揺れます。
パーツ同士で無理のある組み合わせの時はパーツが変な方向に動くので分かりやすい
(強硬突破して登録できるし、正直実際に作成したときにはそこまで違和感はないと思われます)
当然ながら、画面上では拡大されて表示されているので、このパーツ結構大きいな、と思っても実物はそうでもなかったりする。
パーツの種類ですが、メタルチャーム、スワロフスキー、チェコグラス、ウッドパーツに羽パーツ、リボンにタッセル等々。
天然石も選べますが、とんでもなく高い上に(下手すると一粒1000円超え)、天然モノゆえに品質が一定ではないので、結構博打になるかも……。
今回はスワロフスキー中心にしました。
あれもこれもと目移りしますけど、色々つけすぎるとあっという間に可愛くなくなってしまう。
デザインは引き算というのを実感……。

完成形はこんな感じ。

f:id:gomunaga:20170126233558j:plain

最初にデザインしたものが個人的にはとてもお気に入りだったのですが、試しに作ってみるには価格がお高めになってしまったので断念。

(もちろん、これも気に入ってます)
ベースとパーツを組み合わせて画面上でデザインしていきますが、好きなものを好きなだけ使うと値段がとんでもないことになります。
使うパーツや量に糸目を付けずに思いっきりやっちゃいたいという欲望も湧きます。
予算を1万円くらい取れば、相当豪華なモノが作れるでしょうねえ!
(それでも天然石や大きくてゴージャスなメタルパーツを使えばあっという間に1万も超えそう)

ここからがある種本番の、実際に注文してみたターン。
先ほどの画像では「参考価格:1790円」とありましたが、今回は300円引きのクーポンがあったのでそれを適用しました。
加えて、送料無料キャンペーンもやっていたのでそれにも乗っかっています。
(普段は300円~の送料がかかります。●●円以上お買い上げで送料無料、ということはなく、買った個数に応じて送料も増えます。
 なので送料無料キャンペーンに乗った方が絶対いい)

昨今のネットショッピングなりなんなりは注文したらすぐ来る印象がありますが、これはそれなりの時間を置かないとやってきません。
実際に職人さんに作っていただくのだから、当たり前っちゃ当たり前。
(そんなに流行ってないからすぐ来るだろうと思ったらそんなことはなかった)
注文確認メールでは2週間ほどとありましたが、実際は10日ほどで自宅に到着。
自分でデザインしたアクセが実際に手元に届くとなると、この10日でも結構長く感じたのでありました。
クリップポストにて到着しましたよ(写真は撮り忘れましたが、かなり簡素な包装です)。
いざ、御開帳!

f:id:gomunaga:20170126234007j:plain

上の画像と見比べてみてください。どうですか、そっくりそのまんまですよ!!
(※当然)(だけど開封したその瞬間はめっちゃくちゃ感激しました)
ただ、一つひとつのパーツがやっぱりちっちゃい……。
使用したパーツの中では中央の葉っぱのメタルパーツが一番高くて、確か500円前後だったかと記憶しているんですが、
作成料を含んでいる(と思われる)とはいえ、やっぱり割高なんだなあと思ってしまう。
どれだけ小さいかというと、着用画像を見ていただければ分かります。

f:id:gomunaga:20170126234052j:plain


(生活感あふれる画像)(私の手首はごんぶとです)
ね、小さいでしょう?
だけど、一度つけてみると、アプリ上でプレビューした時には分からなかった、
金属の質感、スワロフスキーやビーズのきらめき、そして何より「音」がある。
パーツ同士が触れてシャラシャラ鳴る音を聞き、こんな楽しみ方もあるんだとちょっとした発見をした気分でした。
今回、安いからという理由でベースパーツをリボンにしましたが、伸縮するので案外使い勝手がいい。
私は数珠状の天然石ブレスレットもいくつか持っていて、主に右手に着けているのですが(左手には腕時計を着けます)
利き手にブレスレットを着けると、メモを取るときに邪魔だったり痛かったりと不便なことが多い。
今回作ったブレスレットですと、硬い部分が少ないので、書き物の時に干渉しないのがとってもいい感じなのでした。

f:id:gomunaga:20170126234124j:plain


2017年1月現在、ブレスレットを作成して2か月が経過。
その間週に2,3回程度の頻度で着用。
自分でデザインした、自分好みのものだと思うと、やっぱり愛着が湧きます。
しかし、リボンの部分は少しずつ毛羽だってきていて、冬場のためか埃の付着も目立ちます。
リボンが見るに堪えないくらいになったら、チャームの部分だけ別の何かに付け替えて使おうかな~。


ところでこのサービス、色々特長や制約もありますが
好きな色で好きな形の石やチャームを好きに組み合わせて作ることができるのは、
ここまでに書いた通りです。その上でこんな用途はいかが? というご提案。
ズバリ、自分だけのキャラクター/CP推しアイテム作成用として。
なんでその用途で盛り上がってないのかと不思議に思っているくらい。
知らない人にはお洒落なアイテムに見えて、分かる人はぶんぶん頷くくらい分かるその手をアクセを作るのに物凄く使える! と思って数か月。
私? オリキャラをイメージして作りましたが何か。

お後がよろしいようで……。